カントン包茎になってしまう原因はある?

投稿者: | 2021年4月22日

カントン包茎が起こる原因とは

包茎の中でも重症とされているカントン包茎ですが、その原因となるのはどんな事なのでしょうか。
基本的には仮性包茎であっても、包皮口に狭い部分があるため勃起状態となっても激しい痛みに襲われる事があります。

また血管が詰まったり炎症を起こしたりして、悪化する事もあるのがカントン包茎の特徴です。
原因としてはまだ仮性包茎の段階で自分で無理にむいてしまったりすることも報告されています。
性交時に包皮が意図せずにむけてしまう事で発症する事も多いとされています。
そして性交時の他にも睡眠時における意図せず勃起などによって包皮が刺激を受けて、カントン包茎に至るというケースも見受けられます。
カントン包茎とは真性包茎とは異なり、先端部分はいくぶん出す事ができるというケースですので治療によって改善が見込めます。

カントン包茎は放置したままでいますと、細胞の一部が壊死してしまう事もあるという危険性も伴っていますので、早めに医師の診断を受ける事がおすすめです。

カントン包茎の様々なデメリット

このようなカントン包茎ですが、デメリットが多数ある事が事実でもあります。
まず挙げられるのが包皮口が狭いために勃起時にペニスに痛みを生じたり突っ張った感じになるケースがあります。
もちろんセックスの際に痛みを感じると、通常の性交ができないですし、射精も正常に至らない場合もあるでしょう。

また包皮口が狭いので皮が剥けにくいというデメリットがあります。
これはペニスが刺激に弱くなる傾向にも繋がりますので、いわゆる早漏になりがちというデータも多くあります。
亀頭と包皮の間に汚れが溜まりやすくなるので、悪臭の原因となるのは誰もが気になる部分です。
細菌が溜まりやすくなったり、不衛生がゆえの性感染症のリスクも高まってしまいますので、しっかりと治療を行なって対策する事が求められるでしょう。
見た目のコンプレックスなどが、自信のなさに繋がって正常な男女関係を結べないというデメリットも見受けられます。

まとめ

このようにカントン包茎はいくつものデメリットがありますので、信頼できるクリニックでの治療をおすすめします。
基本的に戻らなくなってしまった包皮を切除する手術が一般的です。

それぞれのクリニックで術式が異なってきますので、しっかりとカウンセリングを受けて自分が納得できるような術式を選択する事が大事です。
痛みについても局部麻酔を施した上で行いますので、ほとんどありません。
数日間で痛みの方は治まりますのでほとんど心配はありません。