カントン包茎の治療法の種類

投稿者: | 2021年4月22日

カントン包茎はリスクが高い

カントン包茎という名前は知っているけれど、具体的にはどのような状態なのかよく分からない人もいるでしょう。
これは包皮の出口の部分が極端に狭いため、亀頭を上手く露出できない状態のことを指します。
無理に亀頭を露出しようとした場合、亀頭や陰茎が締め付けられてしまうのです。
また、勃起した際には締め付けによって痛みが発生してしまうこともあります。
カントン包茎の状態で無理に包皮を剥こうとした場合、亀頭の下の締め付けが強くなってしまいます。
陰茎が腫れあがってしまい、元に戻せなくなってしまうこともあるので注意しましょう。
この状態で放置すると亀頭への血流が止まってしまうため、早めに手術が必要となります。
カントン包茎は病気として扱われているため、手術をするのは珍しいことではありません。
正常な性行為ができなくなりますし、健康へのリスクも高くなるため、専門のクリニックで治療法の相談をしてみましょう。

カントン包茎の治療法とは

カントン包茎の治療法はいくつかありますが、基本的には包皮を切除する手術が必要となります。
放置すると亀頭の一部が壊死してしまうこともありますし、成長期を過ぎても亀頭が露出しない場合はできるだけ早く治療を受けた方が良いでしょう。
包皮口が狭いだけなら問題ないと考えている人もいるかもしれません。
ですが、今カントン包茎になっていない場合でも、将来的になってしまう可能性があります。
心配な場合は将来のことを考えて手術を受けると良いでしょう。
亀頭部分の手術と聞くと、痛みがあるのではないかと不安に感じている人もいるかもしれません。
しかし、手術の際には麻酔をしてもらえますし、痛みについてはほとんどないということです。
麻酔が切れた後は痛みが出てしまうこともありますが、クリニックで痛み止めを処方してもらえます。
数日程度で痛みは治まりますし、あまり心配しなくて良いということです。
気になることがある時はクリニックに相談してみましょう。

まとめ

性器の悩みはデリケートなものですし、なかなか他人に相談できないという人もいるかもしれません。
ですが、カントン包茎は放置しておくと健康に悪影響を及ぼす可能性もあるのです。
そのため早めに専門のクリニックで相談し、治療を受けるようにしましょう。
カントン包茎は包皮の先端の出口が狭いと亀頭を露出させることが難しく、無理に露出させようとすると亀頭を締め付けてしまうことがあるので注意が必要です。
治療では特に痛みなどの心配はありません。